メニュー

レディ

現代病といわれている歯周病の治療方法は此方

マッサージが効果的

女の人

歯列矯正をしていると、最初は特に痛みが出やすいです。つい触ったり、舌で動かそうとしてしまいます。動かすのは良くありません。歯茎が炎症を起こすことで痛むなら、歯茎のマッサージをして血行を良くしてあげましょう。

もっと読む

快適な一生のための義歯

インプラント

東京にはインプラントに特化した歯科クリニックは複数あります。治療においてもアフターケアにおいても丁寧に患者の希望や悩み、不安を汲み取るクリニックは人気もあり優良であると判断できますので、よく調べてから選択しましょう。

もっと読む

歯は一生大切です

入れ歯

埼玉で入れ歯を作るなら、やはり補綴歯科医院を探すのがベストです。保険診療ではなく自由診療になると、全額自己負担となりますが、本当に自分の歯のように使える良い入れ歯を作ったほうが、後々本当の意味で得をすることが出来るでしょう。

もっと読む

歯の病気への対策

歯科

病気の症状

歯周病は歯と歯茎の間にできる歯周病ポケットに多く存在して、歯茎の健康を損ないます。酷い症状になると歯を失うことになる大変怖い病気です。自覚症状がほとんどなく、いつのまにか歯を溶かしてしまいますので、日頃が口の中の衛生状態を良好に保ち治療していく必要があります。30歳を超えた成人の多くが感染しているとうこの病気の初期症状を見逃さないことが重要です。また、日頃からの予防方も重要となってきます。歯茎の症状ですので、出血があったときは注意を要します。歯周病が進んでくると、歯茎が赤くなり、少々の刺激を与えただけで出血します。冷たいものや暑いものがしみるようになってきます。口臭がサインとなる場合もあります、膿が出たり歯がぐらつくなどの自覚症状がある方は治療が必要となる状態ですので要注意です。

治し方

歯周病の予防や治療方法は、毎日の歯磨きやブラッシングが有効です。口腔内の歯周病菌を減らすことで、歯茎の健康を取り戻すことが可能です。柔らかい歯ブラシを選び、持ち方も工夫して歯と歯茎の間を磨けるようにします。ペンを持つような持ち方をお勧めしまう。あまり力を入れすぎず、まんべんなくブラシが歯周ポケットをブラッシングするように心がけるのがポイントです。歯間ブラシやデンタルフロスを併用して、歯ブラシが届きにくい個所の汚れを取り除くとさらに効果的です。歯科医に相談することで、より専門的な治療を行うことが可能となります。専用の器具を用いてプラークや歯石を取り除く事ができます。なるべく早い段階で予防や治療を始めて継続することが肝要です。酷い症状の場合は手術も視野に入ってきますので、早期の処置が望まれます。